FC2ブログ

記事一覧

自己紹介

写真

ライブ配信

動画

Twitter

六本木ヒルズで、スナップ写真を撮って



その日、私は。
いや、ここでは自分といおう。
あの洋子奥さんも、ここでは彼女という。

彼女をナンパしてから1ヶ月半。
11月の中頃となっていた。

今年は秋がなかった。
暑いから寒いへと、切り替わるように季節が変わっていた。

ぼやけている厚い雲が一面に。
雨がふりそうだ。
風も冷たい。

コンビニでニットの手袋を買って。
待ち合わせ場所の六本木ヒルズに向かっていた。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「こんにちわ」
「あ、どーも、こんちわ」

コート姿の彼女が笑みを見せた。
水色のネイルをしている。

「坂本さん、忙しそうね」
「いやいや、忙しいフリしてるだけです」
「フフッ」



スナップ写真 六本木ヒルズ

「あまり、連絡もしてはいけないかなって」
「えっ、なんで。そんなことないよ」
「あの時、またって言っていたのに、どうしたのかなって」
「ありがとうございます、気を遣ってもらって」
「フフッ」
「じゃあさ、この前みたいに動きながら、何枚も撮るよ」
「ええ」

バックからカメラを取り出した。
今回から投入することになった一眼レフだ。
まずは試し撮り。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「ホラ、下にね、これ着てきたの」
「そういえば、この前もペイズリー柄だったね」
「ああ、そうね」
「まだ、暑かったもんね」
「そうね。今日これにね、タイトスカート合わたの」
「あ、さすが、洋子ちゃん。じゃ、それ撮るよ」

コートの下のブラウスを見せた彼女。
ペイズリー柄とヒラヒラしたのが、気に入ってるとのこと。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「この柄ね、着物をアレンジしたの」
「そうなんだ」
「ホラッ」
「じゃ、それも撮ろうか」

すると今度は、バックからビニール袋。
中には真っ赤なヒールが包まれていた。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「ヒールも持ってきたの」
「ああ、いいね」
「ホラ」
「じゃ、ちょっと向こうまで歩くから、そしたら履き替えよ」
「・・・」

こちらをジッと見た目が、『今、履くの」』と言っていた。
歩きやすい靴でいいよと、気を遣ったつもりだったのに。

やっぱり履き替えよう、と言い直した。
彼女は途端に、傍らのベンチに座り、靴を履き替えた。

彼女の豊かな表情が、可否をわかりやすく伝える。
前回、ナンパしたときにも。
エロさを小出しにして、その表情に可否されていた。



スナップ写真 六本木ヒルズ

ウェストウォークを進んだ。
5分も進めば、けやき坂に突き当たる。

黒っぽい服装に、足元の赤が差し色になっている。
履き替えてよかったというと、また彼女は豊かな表情で応えた。



スナップ写真 六本木ヒルズ

けやき坂を越えると。
人通りは疎らな、レジデンスエリアとなる。

今日は、その辺りで。
約束している胸チラと脚チラの写真を撮る予定。
できるとこまでで、顔は撮らない、という条件で。

そのあとは、イルミネーションを背景にした写真も。
謝礼のメシもある。
折をみて、ライブ配信を切り出すつもりだ。



スナップ写真 六本木ヒルズ

付け加えると、この時点ではまだ。
1回目の、ナンパした日記はアップしてなかった。

写真はまとめてある。
メモもまとめてあった。
だけど文章とはなってなかった。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「アラッ、あのニットがかわいい」
「あれ、洋子ちゃん、ニットはあまり好きじゃないっていってなかった?」
「ううん、帽子だったらいいの」
「そっか。・・・じゃ、撮るかな」

店舗はボッテガ・ヴェネタ。
イタリア発の革製品のブランドという位は知っていた。
ブランドはどんなのが好きなのか聞いてみた。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「ブランドでなくてもね、いいものでね、安いやつでいいの、うん」
「女の人は流りすたりがあるからね」
「そうよ。あ、でもアクセサリーは好きなものを買いたいわよね」

ティファニーを、2年に1回くらい買うとのこと。
自分自身へのご褒美として。
堅実な家庭生活が窺える。



スナップ写真 六本木ヒルズ

先月末のハロウィンが過ぎて。
クリスマスムードとなってきていた。

とろこでまだ、日記が書けなかったのは。
彼女がよくわからないから。

というよりも、熟女は皆わかりにくい。
自身で変わり者なの、と言っていた彼女はなおさらだった。



スナップ写真 六本木ヒルズ

エスカレーターを降りながらも、当たり障りがない会話。
ダンスジムや健康のことなどの。

脱がすという目的はあるのだから。
もっと進んで手をかけないと。

ここで、一度振り返ると。
前回の正攻法のナンパで、正面突破はできている。

そうして今回も、チラリの写真にも関わらず。
折り返しの連絡もとれて会えた。

まずは、趣味の写真という橋頭堡は確保できている状況だ。
でも、ライブ配信が投入できないでいる。



スナップ写真 六本木ヒルズ

この一角だけ、人だかり。
何かの映画の宣伝のようだ。

さらにまた、当たり障りがない会話。
開催されているマリーアントワネット展のことや。
そこから彼女が芸術のことなど。



スナップ写真 六本木ヒルズ

ウェストウォークを抜けるとけやき坂。
ここを渡るとレジデンスエリア。
タワー型マンションが3棟建っているエリアだけど、人通りは少ないのはわかっていた。

「あら、ここにバス停があるのね」
「ああ、これ?」
「広尾までいくのね」

目にしたバス亭の案内板を見た彼女。
100円で乗れる港区の巡回バスだ。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「住んでるとこ。・・・広尾よ」
「えっ、広尾?」
「わたし、車に乗れないの。だから都心じゃないと動けないのよ」

住んでいるとこを聞いてみると、すんなりと広尾だと答えてくれた。
ここから、バスで10分、15分くらいか。

この前、ナンパしてスナップ写真を撮ったときは。
渋谷区に住んでいるとだけで、それ以上は教えてくれなかった。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「広尾は、ただの住宅地よ」
「洋子ちゃん、いいとこ住んでるじゃない」
「以外に不便よ。駅も古いしね。スーパーだって高いのよ、もう」

逞しい生活者の口調で話す彼女。
広尾は高級住宅地ではないと強調する。

「高台とね、低いところがあってね」
「うん」
「庶民の住宅地はね、低いところなのよ。うん」
「そっか」
「崖もあって、日陰も多いし。大雨が降ると、崖崩れに注意してくださいって区内放送も流れるのよ」



スナップ写真 六本木ヒルズ

広尾とは別なのだけど、何かの記事で読んだことある。
ここ六本木ヒルズは、皆、金持ちが住んでいると思ったら、そうでもないらしい。

6割だったか、7割だったか、忘れたのだけど。
ともかく半分は超える住人は、元々ここに住んでいた地権者だと。

開発に際しての立ち退きで、物件が割り当てられたとのこと。
だから年金生活者も多いとのことだ。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「高台にはね、代々のお金持ち」
「うん」
「あとはお寺とか教会ね。それと大使館関係かしら」

彼女いわく。
長く住んでいる人とか。
ピアノレッスンの生徒の父兄も、同じようなことを言っているらしい。



スナップ写真 六本木ヒルズ

よく考えてみると、何かの本で読んだことがある。
昭和の初めまでの、東京の三大貧民街といえば。
四谷と山谷と愛宕山。

つまり高台には金持ちが住んで。
低地の庶民から賃料をとる。
これは昔からみたいだ。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「広尾がいいなんて言われたのって、ここ20年くらいらしいわよ」
「そうなんだ」
「近所の奥さんもね」
「うん」
「昔は、広尾ってどこですかって、よく聞かれたんだって」
「そういえば、そこの麻布十番も駅がなくて、陸の孤島って呼ばれていたしね」
「そうよ」
「大江戸線ができてからだね」
「そうね」



スナップ写真 六本木ヒルズ

在住の奥さんがそういうのだから。
そういうものだろう。

六本木ヒルズに乱立する高級ブランドなど。
恐るるに足らず。

そんな気になりながら、また1枚。
4時過ぎなのに日も蔭ってきた。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「うちのダンナは真面目なのよ」
「そうなんだ」
「商社って、仕事しない社員はまったくしなけどね、する人はスゴくするの」
「おおぉ、ダンナは、する人だと」
「そうね。・・・まあ、融通がきかないの」
「でも、とある商社だから」
「亭主元気で留守がいい、そういうことね、うん」

ついでに、商社勤めのダンナの話もした。
でも、聞きたいのはそんなことでもない。



スナップ写真 六本木ヒルズ

けやき坂からのレジデンスエリアは、ガランとしていた。
閉店しているレストランもある。
そのまま、ほこりっぽい空きテナントとなっている。

放置されたようなカフェテーブルに座った。
謝礼のお米券3000円分を渡すためだ。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「すごーい。初めてもらった」
「奥さん、喜んで貰えたでしょうか?」
「フフッ。・・・どうやって使うの?」
「スーパーで使うんだって」
「ええっ。スーパーでなんて使えないわよぉ。だって持って帰るんでしょ?」
「そうだけど。・・・あっ、雨降ってきたね」
「いいの、雨なんで拭けばいいんだから」

謝礼が少ないだのなんだのいう、食いつきなし。
やはり、分かりやすい反応がない。



スナップ写真 六本木ヒルズ

パラパラしてきた雨が寒々しい。
カフェテーブルから移動することに。

胸チラ写真を撮る前に、少し話そうと思ったのに。
こうなったら、ぶっつけ本番で胸チラだ。



スナップ写真 六本木ヒルズ

この上にある通路を指差した。
以前に、景子奥さんのパンチラを撮った場所だ。



スナップ写真 六本木ヒルズ

階段を上がった。
前回と同じことをやっていては、前に進まないのはわかっている。
ライブ配信も投入できないまま終了してしまう。

改めて繰り返すと。
1ヶ月半前にナンパしたときは。
声をかけてスナップ写真を撮り、謝礼として中華料理で1杯やった。
次に会ときは、チラリの写真の約束だけして、LINE交換。

厳密にいえば、この連絡先を交換するときに。
相手にイヤイヤする事柄を、必ず押し付けておく。
慇懃無礼に。

で、その押し付けの連絡先を交換したあと。
3週間ほど、考える時間を与える。
気が変わるように、お祈りだけしておく。

そして基本、1回だけ連絡して、あとは相手任せ。
1回しか連絡をしないのは、しつこいと思わせないため。
なんのかんのいっても人妻だから。
しつこいと思われた時点でアウトだ。

だから連絡先を交換してからは。
次に会えるのは、10人に1人位だろうか。



スナップ写真 六本木ヒルズ

通路の左手に見えるベンチに座ろう、と彼女に言う。
いよいよ胸チラ写真だ。



スナップ写真 六本木ヒルズ

通路の右手に見える、ちょっとした紅葉を撮り。
この辺りは、12月まで紅葉が続くらしい。

いずれにしても。
その自分からの1回だけの連絡で、彼女からは折り返しがきた。

お祈りが通じたみたいだ。
でも、余計な話のやりとりはしてない。

いつ会うのか、日程を合わせるのみ。
業務連絡みたいに簡潔で、かしこまった感じで。

こちらの伝えたいことは、すべてナンパしたときに路上で済ませてあるし。
あまりLINEは使わないとも、スマホの調子が悪いとも、前振りはしてある。

なぜ、やりとりを簡潔にするかといえば。
そんな面白い話ができないから。
話題といえば、健康と歴史と酒ぐらいだし。



スナップ写真 六本木ヒルズ

「帽子とったほうがいい?」
「うん」
「シュシュつける?」
「うん」

彼女と連絡先の交換をしたときは。
イヤイヤさせる押し付けができなかった。

慇懃無礼に、エロを押し付けた筈なのに。
手ごたえがあるに反応がなかった。

結婚しているとか。
見せるのが恥ずかしいとか。
脱ぐのが抵抗あるとか。
エロいことなどできないとか。
謝礼が安いとか。





~ 続く ~



Main Contents



【1】洋子奥さん  - ナンパして写真を撮ったとき



【2】洋子奥さん - 2回目に会って写真を撮ったとき



【3】洋子奥さん - 最初のライブ配信



【4】洋子奥さん - 2回目のライブ配信



Archive

記事一覧
2016年|12月11月10月6月5月4月3月2月1月
2015年|12月11月10月9月8月7月6月5月



Contact





石井洋子 55歳


>> 五十路熟女、洋子奥さんのプロフィール

>> 洋子奥さん 更新履歴


3回目のライブ配信

有料配信

- 作成中 -

無料配信

〔1〕黒の下着に網タイツの熟女。エプロンを着けてレースのカーテンの窓際で。

〔2〕前屈みの弛んだお腹にタプタプの太腿を鑑賞して、垂れたおっぱいへと。

〔3〕デカ尻を立ちバックで突き出した熟女。網タイツのつま先の匂い嗅ぎも。

〔4〕顔面騎乗をするデカ尻の熟女。密着するタプタプの肉感にやられました。

網タイツ
告知

〔1〕次回のライブ配信に備えて、妄想の台本を練り直してます。

〔2〕洋子奥さんのライブ配信が明日になりました。妄想の台本は未定です。

〔3〕エプロン姿の奥さんを後ろ向きにさせて、お尻の丸出しを狙います。

〔4〕FC2ライブ配信の詳細です。エプロン姿でベランダの窓際からの開始します。

レースのカーテン

2回目のライブ配信

告知

〔1〕洋子奥さんのライブ配信が明日になりました。襦袢と白足袋です。

〔2〕カメラチェックをして、ベストアングルを確かめました。

〔3〕着物の代わりに襦袢を着用します。白足袋は奥さんが持参します。

〔4〕FC2ライブ配信の詳細です。襦袢と白足袋の奥さんにオナニーのお手伝いをさせます。

熟女 50代 配信
無料配信

〔1〕着物に白足袋で横座りの熟女。仰向けの太ももを鑑賞してから立ち膝の胸チラへ。

〔2〕おっぱいを手ブラする熟女。着物の胸元からEカップの巨乳と薄茶色の乳首が。

〔3〕着物でお尻と白足袋を向けた四つん這いから、大股開きで太もものお触りへ。

〔4〕うつぶせの熟女の着物を捲くり背中と太腿を鑑賞。立ち姿でおっぱいの谷間へ。

五十路 熟女 配信
有料配信

〔1〕テンガにローションを垂らした着物の熟女。初めてのオナニーのお手伝いへ。

〔2〕大股開きで脚を伸ばし白足袋の足の裏で金玉を触り、つま先で太もも撫でへ。

〔3〕大股開きで脚を伸ばし白足袋の足の裏で金玉を触り、つま先で太もも撫でへ。

〔4〕背面側位で擬似セックスへ。五十路の熟女の柔らかい太ももを抱えて射精。

着物 オナニー
写真と後記

〔1〕待ち合わせて、ログインをして、写真を撮って

〔2〕Webカメラで撮り、一眼レフで撮り、ログアウトして

〔3〕薄消しモザイクで写真を撮って

〔4〕脚を開かせて

〔5〕- 筆記中 -

初詣

最初のライブ配信

告知

〔1〕洋子奥さんが下着姿まで脱ぎます。ライブ配信もOKとなりました。

〔2〕ライブ配信の準備はできましたが、何かを忘れている気がしてなりません。

〔3〕FC2ライブ配信の詳細です。奥さんのセクシーランジェリー姿を思いきり視姦します。

熟女ナンパ 55歳
無料配信

〔1〕カーディガンとワンピースを脱衣した人妻。セクシーランジェリーに着替えました。

〔2〕網タイツを履いた人妻。四つん這いでTバックのお尻を露出しました。

〔3〕四つん這いでお尻を突き出して寝尻へ。そして仰向けになり陰毛の鑑賞。

〔4〕垂れ乳を抱えて立ち膝に。キャミソールの胸の谷間を接写して乳首もポロリ。

熟女 ライブ配信
写真と後記

〔1〕自宅を出てから

〔2〕ホテルについてから

〔3〕ログアウトしてから

〔4〕夜が明けてから

熟女 50代 配信

2回目のスナップ写真

〔1〕六本木ヒルズで、スナップ写真を撮って

〔2〕熟女のシュシュ、真っ赤なヒール、・・・のスナップ写真を撮って

〔3〕胸の谷間を撮って、コートを脱がして、白い太腿も撮って

〔4〕謝礼のメシで、ライブ配信で脱ぐのがOKになって

〔5〕六本木ヒルズけやき坂で、イルミネーションを背景にして写真を撮り

スナップ写真 熟女

ナンパして写真を撮ったとき

〔1〕ダンスジムから帰る途中の熟女をナンパして写真を撮りました。

〔2〕ヒールの足元を階段で撮って、ワンピースを捲くり太ももチラリへ。

〔3〕後ろ姿から柔らかそうな胸元を撮り。後日にはもっと脱ぎそうです。

〔4〕家庭のある人妻ともなると、旦那と子供のことは話したがりませんでした。

〔5〕ナンパした五十路の熟女は、胸チラとパンチラの写真はOKになりました。

熟女ナンパ

熟女ナンパの状況


▼2016年の出来事


10月に有楽町で
六十路のスナップ写真を

↓↓↓
〔1〕東京国際フォーラムで、巨乳の熟女をナンパして写真を撮りました。
〔2〕胸の谷間の写真を撮られて、恥ずかしいと呟く60代の熟女です。
〔3〕タイトスカートのムチムチのヒップラインは、60代にしては弾力が。
〔4〕ナンパした六十路の熟女は、脱ぐのは考えてみるということに。

熟女ナンパ


9月に丸の内で
五十路のスナップ写真を

↓↓↓
〔1〕丸の内仲通りで熟女をナンパして、スナップ写真を撮りました。
〔2〕50代の熟女を、どうやって脱がそうかと思いながら写真を撮りました。
〔3〕母親の顔を見せた50代の熟女に、密かにエロを感じて興奮してました。
〔4〕着衣のままで、おっぱいとお尻のラインを撮らせてと言ってみました。
〔5〕五十路の子持ち熟女を、ライブ配信で脱がすのは未定となりました。

熟女ナンパ


5月に渋谷で
結果ゼロ

↓↓↓
〔1〕久しぶりに渋谷でナンパして、五十路の熟女とLINE交換しました。
〔2〕目線と歩調を重視して声をかけるナンパ方法を思い出しました。
〔3〕渋谷センター街で50代の熟女をナンパするのはあきらめました。

熟女ナンパ 渋谷


3月に六本木で
結果ゼロ

↓↓↓
〔1〕六本木ヒルズでベージュのコートの熟女をナンパして失敗しました。
〔2〕六本木の美術館で熟女と出会うという計画は崩壊しました。

熟女ナンパ 六本木


3月に銀座で
結果ゼロ

↓↓↓
〔3〕暖かくなった3月の平日の夜に、銀座中央通りで熟女をナンパしようとしました。
〔4〕可愛い困り顔をしたショートカットの熟女はナンパ失敗です。

熟女ナンパ 銀座


2015年の熟女ナンパ

熟女ナンパの方法

吉田恭子 39歳