FC2ブログ

記事一覧

自己紹介

写真

ライブ配信

動画

Twitter

ログアウトしてから

パーティー仮面をつけた彼女。



ウィッグ 熟女

それなりに気に入った様子。



巻髪 熟女

今夜は。
この窓際で。
ワンピースとカーディガンを着させて。
まくり上げて、ケツを突き出させて。
立ちバックだ。



ホテルニューオオタニ 眺望

もう、16時30分だ。
日が暮れてしまう。

FC2IDにログイン。



ワンピース 熟女

配信開始。
無言になる彼女。



熟女 カーディガン

自分もボソボソ声。
とりあえず写真を何枚か。
逆光になっている。



ホテルニューオオタニ 夕日

5分も経たずに、パソコンがフリーズ。
一旦ログアウト。

再度、ログイン。

急激に日が落ちている。
あと1時間早かったら。



熟女 キャミソール

キャミソールを着る彼女。



熟女 セクシーランジェリー

40代でも通用しそうな彼女。
ウィッグ効果か。



網タイツ 熟女

網タイツを履く。



熟女 網タイツ

褒め言葉のコメントで乗り気に。



熟女 Tバック お尻

キャミソールは捲られた。
絶対にダメと言っていたのだけど。



熟女 お尻

大きなお尻に張り付く網タイツ。
割れ目には、Tバックが食い込む。



寝尻

寝尻へ。

一脚を手に持っての配信。
そのため写真は多く撮れなかった。

そして50分が経ち。
配信を終えた。

FC2IDをログアウト。

「ログアウトしたよ」
「ああ」
「50分短かったね」
「あっという間だった」
「大丈夫だった?」
「うん。すっごく楽しかった。すごく褒めてくれて。嬉しかったわぁ」
「いい人だったね、みんな」
「そうなの、気遣いがあったでしょ?優しかった。紳士ね。もっと酷い人ばかりだと思っていたの」

少し疲労感があった自分。
ベットに横になりながら話す。

彼女は元気。
椅子に座り興奮した様子。
褒められて嬉しかったと何度も口にする。

普段の日常生活では。
褒められることがないのだろうな、というのが窺えた。

で、また。
配信をしたいとも。

「また大丈夫?」
「うん。だってね、こんなことでもね、喜んでくれたじゃない」
「うん」
「クリスマスプレゼントだって言ってくれた人もいたしね」
「うん」
「わたしね、こう見えても情が厚いの」
「うん」
「ネットのことでもね、現実でもね、ちゃんと返すのよ。してくれたことに対しては」
「そっかあ」

でもここで。
釘を刺しておかないと。
エロなんだよと。

「あのさ、洋子ちゃん」
「うん」
「みんなさ、男だからね」
「うん」
「もちろん、下着姿でチンコを立ててるよね」
「えええっ」
「でさ、オナニーしてる人もいるかもしれない」
「えええっ」
「いや、してるな。洋子ちゃんで」
「はははっ」
「オナニーされるのはいいの?」
「はははっ」
「どうなの?」
「うーん」
「まさか、オナニーしないでいうの?」
「いいけど。・・・だけど、コメントほしい」
「だってオナニーしてると、コメントできないじゃん?」
「だけど、・・・ほしい」
「どうやってコメント送るの?手を使っているのに」
「・・・」

まとめみると。
エロくても卑猥でもいい。
優しく言ってくれれば。
乱暴なのはイヤ。
オナニーは好きにして。
とのこと。



熟女 キャミソール

「洋子ちゃん、タバコ吸っていい?」
「あっ、タバコちょうだい」
「吸うの?」
「ううん、タバコ吸って人いたでしょ?」
「いたね」
「リクエストに応えるの」
「そっかあ」

彼女は元気だ。
催促されるように写真を撮ることに。

タバコを渡す。
でも吸いなれてない喫煙シーン。
ちょっと違うかも。



足組み 網タイツ

「タバコ吸いフェチっているのかな?」
「あのね、網タイツだから、タバコなのよ」
「あっ、そっか」
「足を組んでね。・・・ああでも、なんでヒール忘れちゃったんだろ」

何枚か撮り。
彼女は元気なまま。

「このフラッシュで網タイツっていいな」
「脚好きなの。バレエやっていたからね、脚がね、うん」
「やっぱり」
「夏もミニスカート履くしね」
「あっ、熟女のミニスカートっていいなぁ。薄着になってね」
「エロいって言われるのよ、むかしっから」
「そういうの撮らせてよ」
「フフッ」



足の裏

「あっ、あとさ」
「うん」
「足の裏みたいってのもあったじゃん」
「な、な、なんなの?足の裏って?」
「いや、わかんないけど」
「どうして、こんなとこ?」
「好きなんじゃない」
「ええっ」
「見たいんじゃない、足の裏」
「どうして?」
「はい、じゃ、足の裏撮るよ」
「ええっ、へんだよね。・・・脚フェチ?」

足の裏を接写。
網タイツバージョンの足の裏。
踵には角質が見てとれる。



足の裏

タイトル決定。
熟女の足の裏、外反母趾バージョン。
いや、網タイツバージョンか。



つま先 ストッキング

タイトル。
網タイツの熟女の、つま先接写。



熟女 背中

「ああ、あと、脇の下見せてってものあるな」
「えええっ」
「今日はなかったけど」
「ええ、やだぁ、脇・・・」
「脇の下、撮るよ」
「ええっ、脇。もう・・・、やんなっちゃう」
「ジョリジョリしたのがいいんだって」
「ええっ」
「はい、腕上げて」
「わたし、ジョリジョリしてないもん」
「あっ、じゃ、背中撮らせて」
「・・・」
「キレイだね、背中。撮るよ」
「・・・」
「背中ナメしたいな」
「ええええっ」
「あ、いや、オレが舐めるんじゃなくて、カメラで接写して撮るの、ナメるっていうじゃん」
「はははっ」



熟女 うなじ

「ピースしてっていうのがあったね」
「ああいうの、カワイイって思った」
「あっ、うなじ見たいってなかった?」
「うん。わたし、見せてあげようと思ったのに、坂本さんが反応しなかったの」
「うん」
「あっ、今度は髪をアップにしてあげる」
「ホント?」
「うん」

で、このときに。
うなじといえば髪アップ。
髪アップといえば着物。
着物は好きだという彼女。
それだから次回は。
着物にしようかという流れに。

「着物いいなあ」
「でも、着物ってたいへんね」
「そっか」
「せいぜい浴衣かな。浴衣もあるわよ。モリハナエの」
「そっか」
「あっ、襦袢もいいかも。白足袋履いて」
「白足袋いいね」

さっそくアマゾンで襦袢を検索してみる。
着物ドレスというのがある。
彼女はそれを着たいという。
白足袋とかんざしは持参するとのこと。



熟女 胸の谷間

「じゃ、次回は襦袢か」
「うん」
「あっ、そうそう謝礼渡すね」
「ありがと」
「いいえ、こちらこそ。・・・お米券だけど」
「わかってるわよ」
「いやあ、だけど今日は手間取った」
「うん」
「いつも自宅でするときは、ここでこうってあるじゃん」
「うん」
「出向いてやるってのはなあ」
「疲れるでしょ?」
「うーん、疲れるってよりも、うーん、もどかしい」
「そうなんだ」
「でも雰囲気がいいからね」

彼女はワンピースに着替えた。
裸は見せないように。



熟女 ワンピース

サービス精神に火がついたのか、彼女の話は止まらない。
自分はベットに横になって聞いていた。

「そういえばさ」
「うん」
「サンタの衣装と間違えていた人いたね」
「うん。あとね、クリスマスプレゼントだっていってくれたじゃない」
「うん」
「ああいうの嬉しいわぁ。・・・ねえ坂本さん?」
「なに?」
「お正月はどう?」
「えっ、配信ってこと?」
「うん。着物っていえば正月じゃない」
「そうだけど」
「息子もね、仕事の人と初詣にいくの。女の子みたいだけど」
「そっか」
「だからいってらっしゃいって。そういの大事だし」
「うん」
「わたしは、スタジオも休みだし。正月はヒマなの」
「でも、正月って見る人いないよ」
「いいの。ひとりでも見る人がいれば」
「うーん」
「わたし、旦那も海外だからね」
「うん」
「向こうは正月は関係ないから仕事だし」
「うん」
「わたし、もともと東京だからね。もう親もいないし。親戚がどうのもないし」
「うーん」
「けっこう、多いのよ。正月にひとりって人」
「うーん。・・・正月明けは?」
「いつごろ?」
「4日とか、5日とか」
「それだったら日常じゃない。襦袢だって着たくないわよぉ」
「うーん。オレ的には大丈夫なんだけど」
「じゃ、そうしよ、うん」



熟女 足組み

「田舎で中学の同級生と酒飲む約束しちゃったしな」
「坂本さんね」
「うん」
「今度はね、自宅にお邪魔してもいいの?」
「えっ、いいの?」
「そうすれば、ホテル代もかからないでしょ。準備もいらないし」
「あっ、そっかあ。・・・だって、この前、自宅はイヤだって」
「うん、いいかな。坂本さん、信用してるから」
「えっ、今まで信用してなかったの?」
「うーん。・・・わたしね」
「うん」
「しつこい男の人ってイヤなの。だけど坂本さん、しつこくないから」
「えっ、オレ、しつこくない?」
「うん」
「しつこいって、・・・どういったのがしつこいの?」
「うーん、ただLINEを交換しただけなのに、すごい送ってきたりとか」
「うん」
「朝からハートマークとか、返事しないと、どうしたのとか」
「ああ、LINEがしつこいってこと?・・・まあ、オレは基本、LINEしないからね」
「そうじゃなくてもね。すぐにね、・・・したいって言ったり」
「あっ、それはオレもしたい、それは言っとく」
「フフッ」
「いい人になると後から言えなくなるから。もう最初にいっとく、セックスしたい」
「フフッ。でもそういうのはいいの」
「うん」
「わたし、なんにも言ってないのよ、そういうこと。だけど、そういう人がいるの。けっこう」
「それって、なんで知り合ったの?」
「仕事関係だけど、本人もね、奥さんいるのに、迫ってくる人もいたの」

男側からすれば。
たぶん彼女が。
知らず知らずのうちに。
勘違いさせているのもあるかも。

色っぽいのもある。
どことなく上品そうな仕草もいい。
気遣いもすごくする。
で、ワガママいったり。
で、甘える素振りもしたり。
ツンとするように見えたり。
すぐ嬉しがったり。

表情もクルクル変わる。
優しそうな微笑みをしたり。
快活に笑ったり。
クスクスとしたり。
甘い声を出したり。

とにかく振り回される。
で、恐ろしいのが天然なこと。

で、計算した。
自宅での配信だったら、やっていいかも。
実はホテル代を気にしていた。

でも正月には。
茨城の実家にいかなくては。
で、間をとって。
31日の大晦日にとなった。

で、ここは。
有料を振るとこだ。

「じゃ、今度は長くしよう。50分あっという間だったでしょ?」
「うん」
「足りないくらいだったから」
「うん。あっという間だった」
「今度さ、有料もやろう。後半」
「有料って、・・・なにするの?」
「うん、男だからさ、やっぱイキたいじゃん」
「はははっ」
「だから、ちょっと過激なことするの」
「なにするの?」

なんだろ?
とりあえずはソフト路線でいいか。

あとは夜にでも。
チンポをいれながら説得すればいいか。

「じゃ、オレが脱ごうかな」
「えええっ」
「だって、洋子ちゃん、また脱げないっていうでしょ?」
「ええっ、坂本さんが脱いで、意味あるの?」
「うん。オナニーするの」
「えええっ」
「奥さんって」
「はははっ」
「それで、洋子ちゃんがオナニーのお手伝いするの」
「えええっ。ダメダメ」
「あっ、いいよ。テンガを動かしてくれれば」
「テンガってなに?」
「知らないの?」
「うん」
「オナホールだよ」
「オナホールって?」
「うーんとね、カップになってるの。そこにチンコいれるの」
「はははっ」

さほど嫌がらない。
それどころか興味深そうに聞いてくる。

自分は薄消しモザイク版を取り出した。
持ってきてよかった。

股間に薄消しモザイク版を当てた。
冷蔵庫の脇にあったコップをテンガとして。
テンガとの位置関係を示した。

結局は。
直接チンコは触らずに。
テンガを動かすだけだったら大丈夫となった。



熟女 ノースリーブ

もう、1時間は話していた。
トイレにいって小便をした。
腹もすいてきた。
酒も飲みたい。

ベットに戻る。
膝の上にバックを置いて、中を整理している彼女。

「それにしても」
「うん」
「クリスマスってどこも混んでいる。なんのかんのいって」
「そうでしょ」
「どうする?メシ?」
「うーん」
「上にダイニングあるけど、キャンセルがなかったら、ルームサービスにしよ」
「あのね、坂本さん」
「うん」
「ごはんはね、今日はいいわよ。いつも悪いし」

なんですと。
お金を使わせないように、気を遣っているのか。

いや違う。
もう、シャワーか。
シャワーを浴びるのか。

「えっ、そうなの?」
「うん。31日にごはん食べよ」
「なに食べる?31日は?」
「ホントに、なんでもいいの。その辺でね」

はしゃいでいた声質が少し変わっていた。
堅実な家庭生活を感じさせる声だ。

「えっと・・・」
「坂本さんは、まだここでね、作るんでしょ?」
「えっ、なにを?」
「ページを」
「えっ」
「わたしね、これから渋谷で打ち合わせをしてくる」
「えっ」
「ピアノのね」

えっ。
なんですと。

いや。
泊まるようなことは言っていたのに。

しかし確かに。
彼女は泊まるとは、一言もいってない。

いや。
泊まるようなニュアンスだった。

ええええ。
なんということだ。

いずれにしても自分の早合点だ。
脇が甘い。

薄暗い部屋の中で、彼女は察したようだ。
自分が落胆の表情を見せたのを。

不覚。
失態。

とにかく、勘違いさせられていた。
が、しつこくもできない。

密かに楽しんでいるのか。
男がうろたえるのを。

それとも。
気が変わるようなことを言ってしまったのか。

普通に身支度をする彼女。
何かを呟きながら、ノートパソコンをいじる自分。

「あっ、下まで送るよ」
「ありがとう。・・・ピアノの先生同士で集まるの」
「そうなんだ」
「楽譜かいてくれる人がくるの」
「そう」
「ここから渋谷まで、タクシーだったら1500円くらいでしょ?」
「そうだね」

そんな話をしながら。
部屋を出てエレベーターでロビー階まで。
で、エントランスまで。

「気をつけて」
「ええ。では、31日に」
「うん」
「連絡くださいね」
「うん」

もうすでに。
厳しさが含まれる口調になっている。
このままピアノ講師として、打ち合わせに参加するのだろう。

タクシーに乗った彼女。
頭を下げると同時にタクシーは発車した。





~ 続く ~



Main Contents



【1】洋子奥さん  - ナンパして写真を撮ったとき



【2】洋子奥さん - 2回目に会って写真を撮ったとき



【3】洋子奥さん - 最初のライブ配信



【4】洋子奥さん - 2回目のライブ配信



【5】洋子奥さん - 3回目のライブ配信



Archive

記事一覧
2016年|12月11月10月6月5月4月3月2月1月
2015年|12月11月10月9月8月7月6月5月



Contact





石井洋子 55歳


>> 五十路熟女、洋子奥さんのプロフィール

>> 洋子奥さん 更新履歴


3回目のライブ配信

有料配信

- 作成中 -

無料配信

〔1〕黒の下着に網タイツの熟女。エプロンを着けてレースのカーテンの窓際で。

〔2〕前屈みの弛んだお腹にタプタプの太腿を鑑賞して、垂れたおっぱいへと。

〔3〕デカ尻を立ちバックで突き出した熟女。網タイツのつま先の匂い嗅ぎも。

〔4〕顔面騎乗をするデカ尻の熟女。密着するタプタプの肉感にやられました。

網タイツ
告知

〔1〕次回のライブ配信に備えて、妄想の台本を練り直してます。

〔2〕洋子奥さんのライブ配信が明日になりました。妄想の台本は未定です。

〔3〕エプロン姿の奥さんを後ろ向きにさせて、お尻の丸出しを狙います。

〔4〕FC2ライブ配信の詳細です。エプロン姿でベランダの窓際からの開始します。

レースのカーテン

2回目のライブ配信

告知

〔1〕洋子奥さんのライブ配信が明日になりました。襦袢と白足袋です。

〔2〕カメラチェックをして、ベストアングルを確かめました。

〔3〕着物の代わりに襦袢を着用します。白足袋は奥さんが持参します。

〔4〕FC2ライブ配信の詳細です。襦袢と白足袋の奥さんにオナニーのお手伝いをさせます。

熟女 50代 配信
無料配信

〔1〕着物に白足袋で横座りの熟女。仰向けの太ももを鑑賞してから立ち膝の胸チラへ。

〔2〕おっぱいを手ブラする熟女。着物の胸元からEカップの巨乳と薄茶色の乳首が。

〔3〕着物でお尻と白足袋を向けた四つん這いから、大股開きで太もものお触りへ。

〔4〕うつぶせの熟女の着物を捲くり背中と太腿を鑑賞。立ち姿でおっぱいの谷間へ。

五十路 熟女 配信
有料配信

〔1〕テンガにローションを垂らした着物の熟女。初めてのオナニーのお手伝いへ。

〔2〕大股開きで脚を伸ばし白足袋の足の裏で金玉を触り、つま先で太もも撫でへ。

〔3〕大股開きで脚を伸ばし白足袋の足の裏で金玉を触り、つま先で太もも撫でへ。

〔4〕背面側位で擬似セックスへ。五十路の熟女の柔らかい太ももを抱えて射精。

着物 オナニー
写真と後記

〔1〕待ち合わせて、ログインをして、写真を撮って

〔2〕Webカメラで撮り、一眼レフで撮り、ログアウトして

〔3〕薄消しモザイクで写真を撮って

〔4〕脚を開かせて

〔5〕- 筆記中 -

初詣

最初のライブ配信

告知

〔1〕洋子奥さんが下着姿まで脱ぎます。ライブ配信もOKとなりました。

〔2〕ライブ配信の準備はできましたが、何かを忘れている気がしてなりません。

〔3〕FC2ライブ配信の詳細です。奥さんのセクシーランジェリー姿を思いきり視姦します。

熟女ナンパ 55歳
無料配信

〔1〕カーディガンとワンピースを脱衣した人妻。セクシーランジェリーに着替えました。

〔2〕網タイツを履いた人妻。四つん這いでTバックのお尻を露出しました。

〔3〕四つん這いでお尻を突き出して寝尻へ。そして仰向けになり陰毛の鑑賞。

〔4〕垂れ乳を抱えて立ち膝に。キャミソールの胸の谷間を接写して乳首もポロリ。

熟女 ライブ配信
写真と後記

〔1〕自宅を出てから

〔2〕ホテルについてから

〔3〕ログアウトしてから

〔4〕夜が明けてから

熟女 50代 配信

2回目のスナップ写真

〔1〕六本木ヒルズで、スナップ写真を撮って

〔2〕熟女のシュシュ、真っ赤なヒール、・・・のスナップ写真を撮って

〔3〕胸の谷間を撮って、コートを脱がして、白い太腿も撮って

〔4〕謝礼のメシで、ライブ配信で脱ぐのがOKになって

〔5〕六本木ヒルズけやき坂で、イルミネーションを背景にして写真を撮り

スナップ写真 熟女

ナンパして写真を撮ったとき

〔1〕ダンスジムから帰る途中の熟女をナンパして写真を撮りました。

〔2〕ヒールの足元を階段で撮って、ワンピースを捲くり太ももチラリへ。

〔3〕後ろ姿から柔らかそうな胸元を撮り。後日にはもっと脱ぎそうです。

〔4〕家庭のある人妻ともなると、旦那と子供のことは話したがりませんでした。

〔5〕ナンパした五十路の熟女は、胸チラとパンチラの写真はOKになりました。

熟女ナンパ

熟女ナンパの状況


▼2016年の出来事


10月に有楽町で
六十路のスナップ写真を

↓↓↓
〔1〕東京国際フォーラムで、巨乳の熟女をナンパして写真を撮りました。
〔2〕胸の谷間の写真を撮られて、恥ずかしいと呟く60代の熟女です。
〔3〕タイトスカートのムチムチのヒップラインは、60代にしては弾力が。
〔4〕ナンパした六十路の熟女は、脱ぐのは考えてみるということに。

熟女ナンパ


9月に丸の内で
五十路のスナップ写真を

↓↓↓
〔1〕丸の内仲通りで熟女をナンパして、スナップ写真を撮りました。
〔2〕50代の熟女を、どうやって脱がそうかと思いながら写真を撮りました。
〔3〕母親の顔を見せた50代の熟女に、密かにエロを感じて興奮してました。
〔4〕着衣のままで、おっぱいとお尻のラインを撮らせてと言ってみました。
〔5〕五十路の子持ち熟女を、ライブ配信で脱がすのは未定となりました。

熟女ナンパ


5月に渋谷で
結果ゼロ

↓↓↓
〔1〕久しぶりに渋谷でナンパして、五十路の熟女とLINE交換しました。
〔2〕目線と歩調を重視して声をかけるナンパ方法を思い出しました。
〔3〕渋谷センター街で50代の熟女をナンパするのはあきらめました。

熟女ナンパ 渋谷


3月に六本木で
結果ゼロ

↓↓↓
〔1〕六本木ヒルズでベージュのコートの熟女をナンパして失敗しました。
〔2〕六本木の美術館で熟女と出会うという計画は崩壊しました。

熟女ナンパ 六本木


3月に銀座で
結果ゼロ

↓↓↓
〔3〕暖かくなった3月の平日の夜に、銀座中央通りで熟女をナンパしようとしました。
〔4〕可愛い困り顔をしたショートカットの熟女はナンパ失敗です。

熟女ナンパ 銀座


2015年の熟女ナンパ

熟女ナンパの方法

吉田恭子 39歳