FC2ブログ

記事一覧

自己紹介

写真

ライブ配信

動画

Twitter

後ろ姿から柔らかそうな胸元を撮り。後日にはもっと脱ぎそうです。

「じゃ、洋子ちゃん」
「ええ」
「ここで、ちょっと撮ろうか。・・・オレ、東京タワー好きなんだ」
「ああぁ、よく見えるわね」
「そのまま、肩ごしに撮るよ。何枚か」
「ええ」
「あっ、そうだ。メモしないと。話したこと忘れないように」
「・・・」
「えっと、奥さんに声をかけました、それで写真を撮りました。・・・あっ、これ独り言だから」



熟女 ナンパ 六本木

「奥さんはダンスをしてました。見せるのが好きです。いや、見られるのが好きかな」
「見られるっていうか、出せるってのが好き、自分がね」
「そっか。・・・自分が出せるってことね」
「だから、さっき写真って聞いて返事したんじゃない?」
「それもメモして。・・・あのさ」
「うん」
「脱いでって言われると思った?」
「うん、途中でね」
「やっぱり」
「あなた、そう言ったじゃないの」
「言ったよね。ホント酷い。・・・で、チラリはいいけど、脱ぐのはダメってことだよね?」
「うーん。今すぐはダメよ」
「ま、そうだね。ちょっとメモするね・・・ええと、奥さんは考えますと」
「・・・」
「考えるってのは、ダンナがとか?」
「そういうんじゃないわ」
「メモしてと。・・・じゃ、そのまま、撮るよ」
「ねえ」
「どうしたの?」
「いいの撮れたら、1枚くださらない?」
「うん、いいよ。プリントする」
「ありがと」



東京タワー ナンパ 50代

・・・・・ なりゆきで。
ここまできたけど。
なんか。
ブレている。
楽しく撮れました。
そうのちいいのも撮れて。
で、奥さんが喜ぶ。
オレもほっこりする。
それはそれで満足。
だけど。
次がないかも。
それに。
オレはオスになる!
もっと勃起したい!
射精もしたい!
いや射精する!
奥さんに!
たっぷりと!
精液をぶちまけてやる!



人妻 カーディガン ネイル

「・・・んん。・・・ああ、そうだね、風が強いね」
「帽子が飛んじゃいそう」
「あのね、洋子ちゃん」
「うん」
「ちょっと、そのままで聞いて」
「ええ」
「さっきさ、前のカメラマンにね」
「うん」
「変わり者だねって言われたって」
「ええ」
「オレも、今そんな気持ちで」
「うんうん」
「なんか、トンチンカンなこと言ってる気がして」
「そんなことないわよ」
「ほとんどの奥さんはね、脱いでって言うとイヤイヤとかダメダメでしょ?」
「それはそうよ。あのね、奥さんは家庭があるの」
「そうなんだけど、洋子ちゃんは、チラリくらいはいいわよと。・・・あっ、これ独り言だから」
「・・・」
「チラリができる理由が、見られるっていうか、出せるってのが好きだと」
「うん、そうね」
「・・・」
「人に撮られるって、もう縁がないなぁとは思っていたの。だいぶ前からね」



六本木ヒルズ けやき坂 東京タワー

「じゃ、今日のタイミングもよかったのもあると。・・・メモと」
「そうね。ホントはわたし、けっこう忙しいのよ」
「はい、すみません」
「フフッ」
「ただ単に暇つぶしでもないと、もちろん好奇心だけでもない」
「うん」
「だから、ノリでなんとか脱がしてみようってのが通用しないんだろうな。・・・あ、独り言だから」
「フフッ」
「勢いでチンコ出せる雰囲気じゃないしな」
「はははっ」
「で、またチンコで笑う奥さんと。・・・メモと」
「はははっ」



人妻 50代 横顔

「あとさ」
「うん」
「脱いでって言ってからのね」
「・・・」
「ダンナがっていう断り文句が、洋子ちゃんから出てこないもんね」
「ダンナがどうのこうのはないわね、うん」
「ダンナの不満だとか、セックスレスとか、寂しいとかもないし」
「ちょっと寂しいのはあるわよ。今、ダンナは単身赴任してるから」
「あっ、そうなんだ。今は息子と2人で住んでるの?」
「そうよ」
「女の人の寂しいっていうのも、すったもんだの理由のひとつだけど、洋子ちゃんはそれが感じない」
「・・・」
「寂しいとはいっても、なんか淡々としてるもんね」
「うーん」
「・・・」
「わたしがね、元々べったりの恋愛も、べったりの結婚生活も好きじゃないの」
「そんな感じはする」
「だから変わってるの」
「・・・」
「奥さんのお友達もいないわよ、わたし」
「うん」
「でも、ダンナに信頼は持っているわよ。家庭とか生活を抜きにしてね」
「そっか」
「ダンナはベストパートナーね、うん」



人妻 五十路 カーディガン

「手の内を明かすとね」
「うん」
「脱いでって言ったときにね」
「うん」
「結婚しているからとかね、浮気になるとか。そういう断りが出てこないから、こっちも動けない」
「うんうん」
「オレ、女の理性って、なんとかできると思っているの」
「うん」
「ほぐしたり、壊したり、放り投げたり、隠したり、溶かしたりね」
「うんうん」
「これ、女の人をバカにしてるんじゃなくって、可愛いなって思う、ただ単に」
「うん」
「奥さんは悪くないって言い訳を作ってあげたり」
「うん」
「それは違うっていったり」
「うん」
「そうだねっていったり」
「うん」
「からかっていじったりして」
「うんうん」
「で、その攻める時に、盾になる言葉が必要なんだよね」
「・・・」
「それが洋子ちゃんには見当たらない」
「わたしは、自分を大事にしたいだけ。うん。笑顔でね、元気で」
「そうなんだよな」
「・・・」
「だから洋子ちゃんさ、理性がぐらついてないから攻めれない」
「うん」
「掴めないっていうのかな」
「・・・」
「だから、ごまかしがきかないし、ウソついても見抜かれそうだし」
「フフッ」
「だからもう、手の内も明かすんだけど」
「あなた、よく考えてるわね」
「ううん、そんな難しいことは考えてない。感覚で言ってるだけだよ、経験で。思ったことをね」



港区 六本木 東京タワー

「ちょっと撮るから、そのまま聞いて」
「・・・」
「で、たぶんさ、洋子ちゃん脱げるんだよ」
「フフッ」
「いや、たぶん脱いでもいいんだよ」
「どうかしら」
「そこにさ、迷いが感じない。戸惑いっていうの。グラグラしてないっていうの」
「フフッ」
「グラグラ?・・・軸か。うん、軸があるんだよ、さっきの理由を支えている軸がね」
「フフッ」
「いつもは迷ってる人には押すんだけど、軸が見えないから、・・・あ、独り言ね」
「うんうん」
「女の人はさ、誰でも若く見われたいとかって思うよね」
「ええ」
「でも迷ってないから、そういうのも押せない」
「うーん、あまり若いと見らたいとは思わないかな、うん」
「・・・」
「たしかに言われれば嬉しいけど、わたしは年相応でいいと思うの」
「うん。だから押せない。なんて話したらいいのか」
「・・・」
「オレが迷ってるの。だからトンチンカンだって思うの」



熟女 五十路 後ろ姿

「あと押しとしては、謝礼があるでしょ?」
「うん」
「チラチラと謝礼のこと言っても、食いつきもない」
「・・・」
「値踏みも打算も見えない」
「うん」
「例えばさ」
「うん」
「オレがね、10万でも持っていたとして、じゃあ脱いでくださいって」
「うん」
「仮にね、はい、いいですよと。まあ、ダメなら20万でも30万でもいいや、仮にね」
「うん」
「でもそれだと、理由がお金のためになっちゃう」
「うん」
「軸がぼやけて分からないまま、理由はお金のためで終わる」
「ふーん」
「で、お金っていう理由って以外に脆いからね」
「そうね」
「わかる?」
「お金のためって面白くないの」
「あっ、オレもそう。・・・ちょっと握手しよう」
「フフッ。・・・もう」



けやき坂 東京タワー 写真

「だから謝礼はお茶とかね、次回はお米券3000円とかね、交通費も出す、旨いメシも旨い酒の1杯もつける」
「フフッ」
「それは気持ちだから」
「うん」
「ケチってるんじゃなくて。洋子ちゃんに喜んで欲しいからそうしてるの」
「フフッ」
「謝礼が脱ぐ理由になって欲しくないから」
「うん」
「それに10万使えば、六本木のキャバ嬢だってやれるからね」
「そうなの?」
「うん、それも方法がある。・・・いやいやいや、そんなことはいいの」
「フフッ」
「そうでなくても、お金でっていうんならプロもいるし」
「ええ」
「こんな必死こいてナンパすることもないし」
「大変ね」
「そうだよ」
「フフッ」
「白い目で見られるわ、無視されるわで」
「フフッ。・・・なんでわたしなの?」
「魅力だね。だからその軸を知りたいの。・・・あと家庭があるのが堪らないかな」
「さっき合ったばかりでも?」
「いや違う、時間は関係ない」
「そう?」
「これね、オレのナンパの持論なんだけど」
「うん」
「自分に似た女の人に話が伝わるんだよ。一瞬でね。一言でもね。何を言ってもね」
「うんうん」
「極端だけど、目が合いました声かけました、ね、その位でも話が伝わるんだよ」
「うん」
「いくら話しても、1日でも1週間でもね、伝わらない人には、やっぱ伝わらないからね」
「うんうん」
「例えばね、そうだな」
「・・・」
「さっきお金っていう理由は脆いって言ったでしょ?」
「うん」
「洋子ちゃん、分かるって。でもこれ分からない人には分からないんだよ」
「・・・」
「お金でしょってことになる」
「うん」
「洋子ちゃんは変わり者、オレも変わり者。たぶん、軸がシンクロする部分があるんだよね」
「うんうん」
「だから、なおさら軸をわからないとね、洋子ちゃんがダメだったら、じっと我慢するしかないから」
「フフッ」
「でもそれじゃ、イヤだから、もう我慢するのが」
「・・・」
「だからこんなにも一生懸命に話してるの。腹割って」



人妻 ロングカーディガン ワンピース

「手の内を明かすついでに言えば」
「うん」
「名前で呼んだり、可愛いいって言ってみたり」
「うん」
「言ってみると、グイって相手の表情が変わる言葉ってあるでしょ?」
「ええ」
「テコの原理みたいに」
「うん」
「でもそれが、洋子ちゃんには、ぜんぜん効いている様子もない」
「そうね」
「・・・」
「・・・わたしね」
「うん」
「小学校の頃から、・・・5年生くらいかな」
「うん」
「可愛いねってよりも、綺麗だね、色っぽいねって言われてたの」
「うん」
「それが嬉しかった」
「うん」
「可愛いいなんて言葉なんて沢山あるからね。子供っぽくしたくなくって、魅力を出したかった」
「うん」
「だから、綺麗に見せたかったのかな」
「ああ、そうか。そこだね。そこが違うんだ」



熟女 ロングカーディガン ヒール

「オレ、思う」
「うん」
「可愛いと綺麗って違うんだよ」
「うん」
「可愛いねって言われて、喜んだ反応する女の人は受身になっているんだよね」
「はいはい」
「だから上からっていうか、まあ、斜め上の目線っていうのかな、男からすれば攻める言葉なんだよね」
「エロでしょ?」
「えっ」
「エロがでてくると可愛いって言うでしょ?」
「まあ、それもあるけど。・・・可愛いねってオッパイ突ついたりするから」
「フフッ」
「いやいや、ちがうちがう。しないしない。可愛いってエロだけじゃないよ、ホントに」



六本木ヒルズ アリーナ広場 ヒルサイド

「でね、可愛いがさ、受身だったらさ」
「うん」
「綺麗っていうのは、なんていうのかな、・・・女の側から見せているんだよね」
「はいはい」
「綺麗な女の人は攻めの姿勢なんだよ」
「うん」
「姿勢の悪い美人はいないっていうのは、そこなんだよね」
「そうかもしれない、うん」
「あっそっか」
「・・・」
「だからオレも、洋子ちゃんにグイグイと攻めれないんだ」
「・・・」
「ぶつかる感じがするんだ」
「フフッ」
「可愛いよりも綺麗と言われたい。その辺りが洋子ちゃんの軸だね」
「そうね」
「・・・」
「わたしは可愛いねって、あまり言われたことないの」
「うん」
「綺麗だねっていうのは、それは一歩置いて、相手を対等に見ているから」
「あっ、そうか。よし、まとまった。・・・洋子ちゃん、カフェ探そう」



熟女 ナンパ 六本木

・・・・・ たぶん。
距離感だ。
なんだろ。
距離の数字じゃなくて。
なんだろ。
まあいい。
それさえ計ることができれば。
脱ぐ気がする。
いや。
ライブ配信も簡単にいけるかも。
見られるのは大丈夫みたいだし。
でも。
なんだか。
男にわだかまりがありそう。
セックスにわだかまりがありそう。
恋愛にも結婚にもベッタリは好きじゃないというし。
可愛いにもエロでしょって反応してきた。
何かありそう。
ひょっとして。
変態なのかな。
まだ聞けないなぁ。



ヒール 外反母趾 ペディキュア

「ああ、なんか。・・・洋子ちゃんの軸が分かってよかった。少しだけね」
「そう?」
「でもさ、洋子ちゃんって」
「うん」
「なんでチンコでウケるの?」
「はははっ」
「またウケてるし」
「それはね、言いかたがね、なんか面白いの」
「チンコが大好きだからじゃなくて?」
「はははっ」
「またチンコで笑うし」
「好きとか嫌いはないわよ。誰にでもついているでしょ?」
「そうだけど。・・・実はわたしもチンコついてますとか、そういうんじゃないよね?」
「はははっ」
「後になってさ、それだとさ、まいっちゃうんだよな」
「はははっ」
「オレもチンコくらい大丈夫だよって、つい言いそうだからな」
「はははっ」
「でも、そっち方面までいっちゃうと、もう収拾がつかなくなちゃう。ヤバイな」
「はははっ」
「あーあ」



人妻 ヒップライン 50代

「もうちょっと、あっちいこうか?」
「ええ」
「どうしたの?」
「六本木ヒルズの映画館って、ここにあったのね」
「うん。・・・そうそう、君の名はって面白いんだって。感動するらしいよ」
「ふーん」
「えぇ、興味なしと。メモしてと」



熟女 50代 ネイル

「映画も見なくなったな」
「どうして?」
「うーん。感度が鈍くなったからなあ。・・・感動できない自分がイヤになるしね」
「そう」
「洋子ちゃん、最近見た映画は?」
「アメリカンスナイパーかな。1年ほど前かしら」
「渋いなあ。どうだった?」
「うん、面白かったわよ。・・・わたし、アクションが好きなの」
「以外だね」
「ホラーも好き」
「あっ、ちょっとそのままね、写真撮るよ」



胸の谷間 おっぱい ネックレス

・・・・・ あああああ!
くっそう!
奥さん!
柔らかそうなおっぱいしやがって!
撫でてぇ!
乳首吸いてぇ!
ブラの匂い嗅ぎてぇ!
もう!
抱きたい!
押し倒したい!
あの指で手コキさせてえ!



おっぱい ネックレス 指輪

「・・・そうですよね、いや、だよね。・・・敬語になっちゃった」
「胸を撮ったんでしょ?」
「あれ?・・・わかった?」
「わかるわよ。・・・このくらいだったらいいわよ」
「すみません、すでに妄想もしました」
「フフッ」



六本木ヒルズ スポーツカー ホンダ

「あっ、ちょっと、あのクルマ見てみたい」
「いいわよ」
「赤いクルマって憧れだな」
「フフッ」
「あとね、あの曲線が組み合わさったフォルムが好き」



熟女 茶髪 帽子

「でもさ、女の人の裸も曲線だよね」
「そうね」
「だからオレ、熟女の裸が好きなんだ。だって丸いじゃん、あちこち」
「フフッ」
「今、わかった」
「よかったじゃない」
「若い頃は、何で丸いのが好きなんだろって思っていただけだけど、そうだったんだ」





~ 続く ~



Main Contents



【1】洋子奥さん  - ナンパして写真を撮ったとき



【2】洋子奥さん - 2回目に会って写真を撮ったとき



【3】洋子奥さん - 最初のライブ配信



【4】洋子奥さん - 2回目のライブ配信



【5】洋子奥さん - 3回目のライブ配信



Archive

記事一覧
2016年|12月11月10月6月5月4月3月2月1月
2015年|12月11月10月9月8月7月6月5月



Contact





石井洋子 55歳


>> 五十路熟女、洋子奥さんのプロフィール

>> 洋子奥さん 更新履歴


3回目のライブ配信

有料配信

- 作成中 -

無料配信

〔1〕黒の下着に網タイツの熟女。エプロンを着けてレースのカーテンの窓際で。

〔2〕前屈みの弛んだお腹にタプタプの太腿を鑑賞して、垂れたおっぱいへと。

〔3〕デカ尻を立ちバックで突き出した熟女。網タイツのつま先の匂い嗅ぎも。

〔4〕顔面騎乗をするデカ尻の熟女。密着するタプタプの肉感にやられました。

網タイツ
告知

〔1〕次回のライブ配信に備えて、妄想の台本を練り直してます。

〔2〕洋子奥さんのライブ配信が明日になりました。妄想の台本は未定です。

〔3〕エプロン姿の奥さんを後ろ向きにさせて、お尻の丸出しを狙います。

〔4〕FC2ライブ配信の詳細です。エプロン姿でベランダの窓際からの開始します。

レースのカーテン

2回目のライブ配信

告知

〔1〕洋子奥さんのライブ配信が明日になりました。襦袢と白足袋です。

〔2〕カメラチェックをして、ベストアングルを確かめました。

〔3〕着物の代わりに襦袢を着用します。白足袋は奥さんが持参します。

〔4〕FC2ライブ配信の詳細です。襦袢と白足袋の奥さんにオナニーのお手伝いをさせます。

熟女 50代 配信
無料配信

〔1〕着物に白足袋で横座りの熟女。仰向けの太ももを鑑賞してから立ち膝の胸チラへ。

〔2〕おっぱいを手ブラする熟女。着物の胸元からEカップの巨乳と薄茶色の乳首が。

〔3〕着物でお尻と白足袋を向けた四つん這いから、大股開きで太もものお触りへ。

〔4〕うつぶせの熟女の着物を捲くり背中と太腿を鑑賞。立ち姿でおっぱいの谷間へ。

五十路 熟女 配信
有料配信

〔1〕テンガにローションを垂らした着物の熟女。初めてのオナニーのお手伝いへ。

〔2〕大股開きで脚を伸ばし白足袋の足の裏で金玉を触り、つま先で太もも撫でへ。

〔3〕大股開きで脚を伸ばし白足袋の足の裏で金玉を触り、つま先で太もも撫でへ。

〔4〕背面側位で擬似セックスへ。五十路の熟女の柔らかい太ももを抱えて射精。

着物 オナニー
写真と後記

〔1〕待ち合わせて、ログインをして、写真を撮って

〔2〕Webカメラで撮り、一眼レフで撮り、ログアウトして

〔3〕薄消しモザイクで写真を撮って

〔4〕脚を開かせて

〔5〕- 筆記中 -

初詣

最初のライブ配信

告知

〔1〕洋子奥さんが下着姿まで脱ぎます。ライブ配信もOKとなりました。

〔2〕ライブ配信の準備はできましたが、何かを忘れている気がしてなりません。

〔3〕FC2ライブ配信の詳細です。奥さんのセクシーランジェリー姿を思いきり視姦します。

熟女ナンパ 55歳
無料配信

〔1〕カーディガンとワンピースを脱衣した人妻。セクシーランジェリーに着替えました。

〔2〕網タイツを履いた人妻。四つん這いでTバックのお尻を露出しました。

〔3〕四つん這いでお尻を突き出して寝尻へ。そして仰向けになり陰毛の鑑賞。

〔4〕垂れ乳を抱えて立ち膝に。キャミソールの胸の谷間を接写して乳首もポロリ。

熟女 ライブ配信
写真と後記

〔1〕自宅を出てから

〔2〕ホテルについてから

〔3〕ログアウトしてから

〔4〕夜が明けてから

熟女 50代 配信

2回目のスナップ写真

〔1〕六本木ヒルズで、スナップ写真を撮って

〔2〕熟女のシュシュ、真っ赤なヒール、・・・のスナップ写真を撮って

〔3〕胸の谷間を撮って、コートを脱がして、白い太腿も撮って

〔4〕謝礼のメシで、ライブ配信で脱ぐのがOKになって

〔5〕六本木ヒルズけやき坂で、イルミネーションを背景にして写真を撮り

スナップ写真 熟女

ナンパして写真を撮ったとき

〔1〕ダンスジムから帰る途中の熟女をナンパして写真を撮りました。

〔2〕ヒールの足元を階段で撮って、ワンピースを捲くり太ももチラリへ。

〔3〕後ろ姿から柔らかそうな胸元を撮り。後日にはもっと脱ぎそうです。

〔4〕家庭のある人妻ともなると、旦那と子供のことは話したがりませんでした。

〔5〕ナンパした五十路の熟女は、胸チラとパンチラの写真はOKになりました。

熟女ナンパ

熟女ナンパの状況


▼2016年の出来事


10月に有楽町で
六十路のスナップ写真を

↓↓↓
〔1〕東京国際フォーラムで、巨乳の熟女をナンパして写真を撮りました。
〔2〕胸の谷間の写真を撮られて、恥ずかしいと呟く60代の熟女です。
〔3〕タイトスカートのムチムチのヒップラインは、60代にしては弾力が。
〔4〕ナンパした六十路の熟女は、脱ぐのは考えてみるということに。

熟女ナンパ


9月に丸の内で
五十路のスナップ写真を

↓↓↓
〔1〕丸の内仲通りで熟女をナンパして、スナップ写真を撮りました。
〔2〕50代の熟女を、どうやって脱がそうかと思いながら写真を撮りました。
〔3〕母親の顔を見せた50代の熟女に、密かにエロを感じて興奮してました。
〔4〕着衣のままで、おっぱいとお尻のラインを撮らせてと言ってみました。
〔5〕五十路の子持ち熟女を、ライブ配信で脱がすのは未定となりました。

熟女ナンパ


5月に渋谷で
結果ゼロ

↓↓↓
〔1〕久しぶりに渋谷でナンパして、五十路の熟女とLINE交換しました。
〔2〕目線と歩調を重視して声をかけるナンパ方法を思い出しました。
〔3〕渋谷センター街で50代の熟女をナンパするのはあきらめました。

熟女ナンパ 渋谷


3月に六本木で
結果ゼロ

↓↓↓
〔1〕六本木ヒルズでベージュのコートの熟女をナンパして失敗しました。
〔2〕六本木の美術館で熟女と出会うという計画は崩壊しました。

熟女ナンパ 六本木


3月に銀座で
結果ゼロ

↓↓↓
〔3〕暖かくなった3月の平日の夜に、銀座中央通りで熟女をナンパしようとしました。
〔4〕可愛い困り顔をしたショートカットの熟女はナンパ失敗です。

熟女ナンパ 銀座


2015年の熟女ナンパ

熟女ナンパの方法

吉田恭子 39歳